君を想いて

ジル・チャーチル

これもコージーミステリーです。
しかしコージーミステリーが安めと言っても限度がある気が。
ジル・チャーチル、最近質が低すぎますね。
ジェーンシリーズも翻訳家が変わってますます読むに耐えなくなったし
そろそろ潮時かも。
まあ、よっぽど他に読む物がなければって感じかな。
[PR]
by maruta_book | 2010-03-30 21:09 | 小説 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/10309294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オバケのQ太郎 5巻 ガキの頃から 一色まこと短編集 >>