三銃士(下)

や、面白かったです。
人形劇の方も面白いですが、
ストーリーも人物設定も、もう完全に違う物ですね。

原作の方は、絶対に子供向けではないというか、
子供には読ませたくない代物なのに、
なんで、人形劇の題材を三銃士にしたかとつらつら考えると
原作から離れてできあがっている友情物語のイメージがあったからなんでしょうね。
長さ的にも半年で終わらせるのにちょうど良い長さだし。

原作は、後半のミレディ中心の話がすごみがあって面白かったです。
ミレディを主人公にして、映画や劇を作れそうですが、
そういうのないんでかねぇ。
オペラとか作っても面白そうですが。

原作だと、最後に結構みんな死んじゃうんですが
人形劇はどうするんでしょう。
さすがにバッキンガム公は生かしとくわけにはいかないのかな。
歴史上実在の人物で、実際にあの戦争で死んでるわけだし。
マージョ様と化したミレディには是非幸せになって欲しいですね(笑)。
[PR]
by maruta_book | 2010-05-03 09:51 | 小説 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/10538846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヘン テルマエ・ロマエ I >>