ヘン

いしいひさいち

マンガというよりはエッセーです。
著者は形式上、いしいひさいちのマンガに登場する小説家広岡達三となっています。
が、エッセーの内容は、どちらかというと、いしいひさいち本人の思いに近いように思います。
広岡先生にしては気が弱すぎる部分が多いです(笑)。

まるたとしては、小説家の藤原先生(小学校の先生ではなく)の話を描いて欲しいなぁ。
[PR]
by maruta_book | 2010-05-03 18:24 | マンガ
<< ゲゲゲの女房 三銃士(下) >>