私はゲゲゲ

水木しげる

講談社漫画文庫版が本屋になかったので、
角川文庫の省略版(?)を買いました。

この本だと、奥様は非常に存在感が薄いんですが
全体的にかなりすっ飛ばした内容だし、
にもかかわらず、本気で妖怪を信じてる話ばかりがやたらと出てくるし、
なんか、妙な本だなぁと思って、
表紙をつらつらながめると、
副題が「神秘家水木しげる伝」なので、
そもそもそういう趣旨の本なのかも。

昔ビッグコミック(だったかな?)でやってた
南方戦線の話の方が読み応えがあった気がします。

講談社漫画文庫をネット注文して買ってみてもいいんですが
そこまでしなくても、という気になってきました。
あとは、ご縁があれば、読む機会もあるでしょう、ってなとこでしょうか。
[PR]
by maruta_book | 2010-05-08 20:33 | マンガ
<< 理系の人々2 ゲゲゲの女房 >>