謎解きはディナーのあとで

東川篤哉

花ゆめ本誌に載ってそうな安めのマンガなみのライトノベル。
キャラ設定、ストーリー、トリック、文章、全てが安くて、
ドラマが無くてワンパターン。
こういうのをハードカバーで出すのは反則だと思います。
[PR]
by maruta_book | 2010-09-20 20:54 | 小説 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/11308875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 蔵書まるごと消失事件 パイは小さな秘密を運ぶ >>