蔵書まるごと消失事件

イアン・サンソム

コージーミステリーなんですが、
人格に問題があって弱々しい主人公が、
かなり最後の方まで、協力者が殆ど無い状況は
ちっともコージーじゃないです。
普通このパターンでは、前半のうちに協力者か理解者が現れるものなんですが。

話のテンポは良くて、読みやすかったので
覚えてれば次回作も。
[PR]
by maruta_book | 2010-09-23 20:15 | 小説 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/11323435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< テンペスト 1巻 謎解きはディナーのあとで >>