その日まで

吉永南央

紅雲町珈琲屋こよみシリーズです。

なんか、いいなぁ。こういうの。
まるたも歳食ってきたってことでしょうか。

終わり方が中途半端なんで、続きに期待です。
[PR]
by maruta_book | 2011-09-03 15:04 | 小説 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/13456064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本人なら知っておきたい日本文学 毎日かあさん 8巻 >>