日出処の天子 2巻、3巻

話が難しいんですけど、
昔は、こんな難しい話が少女漫画として大受けしたって
ある意味すごい、というか、今の若い子達がヘタレ過ぎなのかも。

美味しんぼとかだって、
もし現代で連載が始まったとしたら
絶対に受けないと思います。

さて、この完全版は1冊が1500円もして高いので
続きは文庫にしようかどうか考え中です。

しかしこの完全版がメディアファクトリーからの出版で
文庫が白泉社ということは、
文庫に切り替えるならさっさと切り替えないと
絶版になる(なってる)ってことでしょうか?
迷ってる暇無いぞ。
[PR]
by maruta_book | 2011-12-28 21:06 | マンガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/14272772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 魔法使いの娘に非ズ 2巻 笑う英会話 >>