Landreaall 19巻

相変わらず無意味なカタカナ満載ですが、
話はだいぶ読みやすくなってますね。
でも、もう、つきあうのに疲れてきました。

なんか、かっこよさを出そうとしてるのか
人物に裏があるような演出とか、カタカナとか
読みにくいだけじゃなくて、頭悪そうだし、
テンポと雰囲気悪くしてるだけなんですよね。

もともと絵の雰囲気とか、那州雪絵に似てて
人物に裏があるような感じとか、専門用語とか
那州雪絵も、そういうの出てくるんですけど、
こっちは読者に無駄なストレスをかけずスッと入ってくるか
やり過ごすことができるんですね。
後でつらつら読み返すと、実はっていうのが分かって
奥深い感じを演出してるんですが、
おがきちかのは、読み飛ばすと話が分からなくなるし
押しつけがましいです。
面倒くさくて、後でもう一回読み返そうって気にならないです。

読み始めた頃は、一皮むければブレイクかと思ったけど、
ダメだよこれ。余計なコト考えすぎ、というか、自分の書きたい物書き過ぎ。
マイナー誌でも商業誌なんだから、
もうちょっと、読者意識してほしいもんですね。

自分の書きたいもの書いて成功できるのは
手塚治虫、高橋留美子クラスのほんの一握りの人だけです。
でも、そういう人は自分の書きたいものと
読者に受けるものが意識下で一致してるんですね。
というか、読者受けしないものなど書く気ないと思います。

自分の書きたいものしか書きたくないなら
同人誌で書けばいいと思うんですけど。

作者、そういうことも理解できない程若くはないでしょうに。

続きはご縁があれば。
[PR]
by maruta_book | 2011-12-30 22:39 | マンガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/14289879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 数寄です! 1,2巻 天才柳沢教授の生活 32巻 >>