日出処の天子 文庫版 6, 7巻

まー、暗いわ。
「馬屋古女王」は、続き描けコールに対して
まともな続編を描く気はないっていう意思表示だったんですかね?
それにしても、もー、暗っ。

ところで、実在の馬屋古さんは、
どうしたんでしょうね。
一族郎党、山背大兄王とともに滅んだって話ですが、
そのとき一緒に自害したんでしょうか。

一族郎党が滅んだ、みたいな話は
昔は良くあったと思うけれど、それでも、
女性ならその前に結婚して、子供がいれば
その子供は残ってるみたいなこと珍しくはないと思うんですよ。
滅んだときには、山背大兄王の姉妹は、
もういい歳で子供の一人や二人いたって全然不思議じゃないはずだし。

それなのに、そういう話が全く無いのは
女の子供は年齢一桁でみんな病死してしまった可能性はあると思うけれど、
聖徳太子自体が実は実在の人物でない、
っていう説を生んでる理由の一つかも知れませんね。
[PR]
by maruta_book | 2012-01-02 17:57 | マンガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/14310572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 銀の匙 1,2巻 日出処の天子 文庫版 3,4,5巻 >>