SWAN モスクワ編 2巻

なんか、自分の世界だけに住んでるクラヲタの戯言みたいな描写が多くて
ちょっとうんざりしました。
芸術家が崇高な人格を持ってるなんて幻想だよねぇ。
昴に出てくるような人の方がありそうな気がします。
そもそもバレエダンサーが芸術家かどうかって問題もありますが。
まいあの方が面白かったですね。
[PR]
by maruta_book | 2012-02-10 20:17 | マンガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/14641374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 西遊妖猿伝 大唐編 10巻 グラゼニ 3巻 >>