贋作と共に去りぬ

ヘイリー・リンド

元贋作師のアラサー女を主人公にしたコージー・ミステリーです。
設定は面白いし、テンポも余計な描写をすっ飛ばして読めば悪くないです。
ただ、ちょっと主人公がめちゃくちゃ過ぎるし
ハードボイルドな場面が無駄に多いです。
設定をうまく生かして、もうちょっと(体育会系じゃなくて)文化系な話に
してくれると読みやすいんですが。

続編買うかも。
続編の転ぶ方向によっては
それ以上はご縁があればって事になるかも知れませんけど。
[PR]
by maruta_book | 2012-04-16 21:42 | 小説 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/15061192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 鋼鉄の華っ柱 6巻 王家の紋章 20巻 >>