さよならドビュッシー

中山七里

途中までかなり面白かったんですけどねー。
みんな怪しくて、でも途中でみんな怪しくなくなって。
でも、このオチは無いわ。

古い手だし、ミステリーとしては今更ルール違反とか言うつもりはないけど、
文章の書き方としてはかなりルール違反だと思うし、
トリックや動機がしょぼ過ぎる。

大体普通神社の本殿は階段の上にあるんだから
落ちるときの悲鳴が聞こえたのに諍う声が社務所に聞こえない訳はないし
傘も差さずに松葉杖ついてもたもた歩く人物が目に入らないはずは
ないでしょうに。

どうしよう、途中まですごく面白かったから
続き買っちゃったよ。

ちなみに、いろいろ一生懸命調べてはいるけど
沢山、えっ?って思うような部分はありましたね。
まあ、バンビ~ノ程ではないけど。
[PR]
by maruta_book | 2013-02-11 18:27 | 小説
<< 御かぞくさま御いっこう 日本の... 毎週かあさん 2巻 >>