さよならドビュッシー前奏曲

中山七里

やっぱりトリックと動機がショボイ。
最後の話なんか、1/3まで読んで
犯人とトリックが分かりましたよ。
ってか、警察が気づかない訳無いし、レコード調べて跡が残ってない訳ないでしょうが。
適当だし、ワンパターンにも程があるですよ。

次作はショパンだから少し気になってますが、
文庫出るまで待ちますかね。
[PR]
by maruta_book | 2013-04-21 21:01 | 小説 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/17658774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヤングブラック・ジャック 3巻 ブラック・ジャック創作秘話 3巻 >>