予約の消えた三つ星レストラン

アレクサンダー・キャンピオン

はじめのうちは面白かったんですが、
途中から、特に何かが起こったわけでもないのに
急に主人公がベテラン捜査官のようになったのが変でしたね。

犯人も意外性に欠けてたし。
[PR]
by maruta_book | 2014-05-06 18:25 | 小説 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/19766775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 魔法使いにキスを 西遊妖猿伝 5巻 >>