SWAN -白鳥- ドイツ編 1巻

やっぱりドイツ編(笑)。

もう、時代設定がぐちゃぐちゃですかね。

あと、ノイマイヤーってテレプシコーラでも描かれていましたが、
同じ人のこと書いて、こんなに違うかって感じです。
まあ、SWANはいろいろ神格化しすぎて、
人間味がないですよね。

なお、真澄みたいな性格にはイラッとするという気持ちは
わかる気がします。
大昔の少女漫画はこういう主人公多かったんですよね。
アラベスクだのエースをねらえだのみんなそう。
なんのとりえもない女の子が○○になる、みたいなのが大うけしたので。
[PR]
by maruta_book | 2016-03-26 21:17 | マンガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/22645805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ケサラン・パサラン 1、2巻 鬼灯の冷徹 21巻 >>