天才絵師と幻の生首

半次シリーズです。

小三郎ってのは、最初から、
変なアイデアで、難しいことを解決する能力高かったと思いますが。
[PR]
by maruta_book | 2016-05-22 21:02 | 小説 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marutabook.exblog.jp/tb/22834528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 青青の時代 1巻 泣く子と小三郎 >>