カテゴリ:小説( 140 )

西遊記 第4巻

平岩弓枝

完結編です。
最後の「チーム三蔵」状態は、やっぱりパタリロ西遊記を読んでたんでしょうか(笑)。
[PR]
by maruta_book | 2010-05-23 18:02 | 小説 | Trackback | Comments(0)

西遊記 第3巻

平岩弓枝

ハードカバー上下巻が文庫では全4巻のため、
下巻の分は3巻の途中からです。

平岩弓枝版の西遊記には、原作(?)には無いけど
パタリロ西遊記にはある小ネタが時々出てくるような気がします。
平岩弓枝がこれを書く際にパタリロ西遊記を読んで参考にしたのかも、
なんて考えるとちょっと楽しいです。

もっとも、それ以前の別の西遊記にあったネタで
両方が参考にした可能性はありますが。
[PR]
by maruta_book | 2010-05-18 21:02 | 小説 | Trackback | Comments(0)

西遊記 上

平岩弓枝

何年か前に買って積ん読状態だったものを読んでます。
下巻探そうとしたら、もう売って無くて文庫になってました。

話は、西遊記の原作(?)を少しだけ現代的なキャラクターにした感じです。
孫悟空が妙にけなげでかわいいですが、
猪八戒が諸星大二郎版以下のろくでなしになってます(笑)。
[PR]
by maruta_book | 2010-05-16 20:06 | 小説 | Trackback | Comments(0)

三銃士(下)

や、面白かったです。
人形劇の方も面白いですが、
ストーリーも人物設定も、もう完全に違う物ですね。

原作の方は、絶対に子供向けではないというか、
子供には読ませたくない代物なのに、
なんで、人形劇の題材を三銃士にしたかとつらつら考えると
原作から離れてできあがっている友情物語のイメージがあったからなんでしょうね。
長さ的にも半年で終わらせるのにちょうど良い長さだし。

原作は、後半のミレディ中心の話がすごみがあって面白かったです。
ミレディを主人公にして、映画や劇を作れそうですが、
そういうのないんでかねぇ。
オペラとか作っても面白そうですが。

原作だと、最後に結構みんな死んじゃうんですが
人形劇はどうするんでしょう。
さすがにバッキンガム公は生かしとくわけにはいかないのかな。
歴史上実在の人物で、実際にあの戦争で死んでるわけだし。
マージョ様と化したミレディには是非幸せになって欲しいですね(笑)。
[PR]
by maruta_book | 2010-05-03 09:51 | 小説 | Trackback | Comments(0)

三銃士(上)

岩波文庫版

NHKの人形劇が面白いので、原作を読んでみました。
感想は、下巻も読み終わった時点で。
(もしかしたら本店の方でじっくりと)
[PR]
by maruta_book | 2010-04-17 23:14 | 小説 | Trackback | Comments(0)

君を想いて

ジル・チャーチル

これもコージーミステリーです。
しかしコージーミステリーが安めと言っても限度がある気が。
ジル・チャーチル、最近質が低すぎますね。
ジェーンシリーズも翻訳家が変わってますます読むに耐えなくなったし
そろそろ潮時かも。
まあ、よっぽど他に読む物がなければって感じかな。
[PR]
by maruta_book | 2010-03-30 21:09 | 小説 | Trackback | Comments(0)

こいしり

畠中恵

いっちゃ何ですが、
この人の本は妖怪が出てこないとチョーつまんないです。
しゃばけシリーズだけ読んでりゃいいかな。
[PR]
by maruta_book | 2010-03-22 18:19 | 小説 | Trackback | Comments(0)

我らが隣人の犯罪

宮部みゆき

買ってから10年近く、積ん読状態だったんですが
ふと取り出して読んでみたら面白かったです。
昔とは好みが変わったんだろうか。
他のも読んでみたいと思うほどではなかったですが。
ちょっと無駄に出来過ぎというか、無駄な出来過ぎ君が出て来過ぎ(笑)。
[PR]
by maruta_book | 2010-03-07 21:24 | 小説 | Trackback | Comments(0)

三毛猫ホームズの用心棒

もう、水戸黄門状態ですが、承知で読めば楽しめます。

赤川次郎は、今でこそ、もう、こんなんですが、
約25年前の作品「世界は破滅を待っている」なんて読むと、
その先見の明に驚かされたりします。
コイズミそっくりの総理大臣が出てきたり、
不条理無差別殺人の心理が描かれていたり、
政治での主婦へのイメージ戦略の重要さが書かれていたり。

なんだかんだで、これだけの地位を築き上げる人はただ者ではないんだな、
と感心したりします。
[PR]
by maruta_book | 2010-03-07 15:49 | 小説 | Trackback | Comments(0)

メリー殺しマス

コリン・ホルト・ソーヤー

コージーミステリーです。
コージーミステリーやライトノヴェル、基本、小説としての出来は低いんですけど
あまりに非現実的なところが、自分の日常を忘れさせてくれるので
結構好きです。
[PR]
by maruta_book | 2010-02-27 22:46 | 小説 | Trackback | Comments(0)