カテゴリ:小説( 140 )

ここはボツコニアン 1~5巻

宮部みゆき

宮部みゆき特有のキチガイが出てこなかったし
ノリもよくて、面白かったけど、
こういう話の作りは宮部みゆきクラスの大御所だからこそ許されるって
感じだよね。

筋の一貫性とかかけらもなかったし。
そういうところも含めてボツな話なのかも。
[PR]
by maruta_book | 2016-04-17 20:03 | 小説 | Trackback | Comments(0)

髻塚不首尾一件始末

半次シリーズです。

たしかに小三郎がいると面白いですね。
[PR]
by maruta_book | 2016-03-20 22:11 | 小説 | Trackback | Comments(0)

揚羽の蝶 上・下巻

佐藤雅美

半次シリーズです。

これは面白かった。
続きを買おうと思ったら、あんまり売ってないですね。
やっぱり半次シリーズはあんまり人気ないんですかね。
[PR]
by maruta_book | 2015-12-27 19:46 | 小説 | Trackback | Comments(0)

影帳

佐藤雅美

半次シリーズを試してみてます。
なんか、今3つというか、
キャラに魅力がないし、
話の展開が悪いし、
推理の進め方も強引ですね。

これ、面白いのか?と思って調べてみると、
小三郎ってキャラが出てくると面白くなってくるらしいと。
[PR]
by maruta_book | 2015-12-06 20:45 | 小説 | Trackback | Comments(0)

恵比寿屋喜兵衛手控え

佐藤雅美

直木賞作品だとか。
なんでこれが直木賞?

まあ、それはともかく、
最近のテレビ時代劇的なものよりだいぶ暗めですね。
その分文学的と言えなくもなく、
それで直木賞なのかも?
[PR]
by maruta_book | 2015-11-21 18:56 | 小説 | Trackback | Comments(0)

白い息 

居眠り紋蔵シリーズです。

これで文庫既刊は読み切ったのかな。

別のシリーズ開拓中です。
[PR]
by maruta_book | 2015-11-08 19:51 | 小説 | Trackback | Comments(0)

老博奕打ち

居眠り紋蔵シリーズです。

このシリーズもそろそろ読み切っちゃうなぁ。
[PR]
by maruta_book | 2015-10-25 20:23 | 小説 | Trackback | Comments(0)

ちよの負けん気、実の父親

居眠り紋蔵シリーズです。

今文庫化されている最新刊ですね。
この後はハードカバーならあるわけですが、
ハードカバーはコスパが悪いので
とりあえずは、飛ばしてた本に戻って、
そのあとは別のシリーズに行きますかね。

紙の本持ってたら電子版プレゼントみたいな
サービスないですかね。
読み終わった本は場所取るんですよね。
[PR]
by maruta_book | 2015-10-12 20:15 | 小説 | Trackback | Comments(0)

魔物が棲む町

居眠り紋蔵シリーズです。

ちよが定着しそうですね。
本筋よりそっちの方が面白くて。
[PR]
by maruta_book | 2015-10-10 18:44 | 小説 | Trackback | Comments(0)

一心斎不覚の筆禍

居眠り紋蔵シリーズです。

文吉のその後が気になり、
飛ばしたやつは最後に読むことにして、
そのまま先に進んでます。
[PR]
by maruta_book | 2015-09-27 20:37 | 小説 | Trackback | Comments(0)