カテゴリ:小説( 145 )

旅のお供に殺人を

コリン・ホルト・ソーヤー

シリーズ最終作だそうで。
まあまあ、面白かったです。
終わってしまうのは残念だけど、
作者が、老人ホームに入ってから書き始めたシリーズであることを思うと、
仕方がないんでしょうね。
[PR]
by maruta_book | 2015-07-04 20:35 | 小説

ソロモンの偽証 5, 6巻

長い。2巻でいいよねぇ。
しかも突っ込みどころ満載だし。

藤野涼子、普通あの後友達なくすぞ。

オチはあからさまな伏線張りまくってたせいで
結構予想できたし、
そうだとすると、あの長さでいったい何を書きたかったのか
不明ですね。

一つすごいと思ったのは、
柏木の描画で、兄の回想の方が、
両親や塾・学校の先生の回想より
ずっと説得力があるようにかき分けられてたのがすごいと
思いました。

しかし、そのせいでオチが少しも意外じゃなかったのは
却って失敗だったんですかねぇ?

どっちにしても
ちょっとしばらく電波なヤツが大量に出てくる小説はもうたくさん、
って気分です。
どいつもこいつも電波すぎ。

これ、映画にして面白いんですかねぇ?
[PR]
by maruta_book | 2015-04-30 19:39 | 小説

ソロモンの偽証 3, 4巻

こんな中学生いねぇ(笑)。

それはそれとして、いわゆる電波として書かれている登場人物以外も
主人公級はみんな電波だし。
まあ、中学生なんてそんなものだけど。
小説だと電波な解釈が正しいものとして描かれちゃうから
気持ち悪いんだろうなと思います。
[PR]
by maruta_book | 2015-04-26 20:47 | 小説

ソロモンの偽証 1, 2巻

上下巻かと思って1巻を買い、
面白かったので下巻を買おうと思って本屋に行ったら
全6巻だったと。

今、3巻の途中ですが、
裁判の話になってやっと面白くなってきたかなぁ。

2巻読んでた時は、この調子で6巻も続くのかと
ちょっとうんざりしてました。

この先どうなることやら。
[PR]
by maruta_book | 2015-04-19 16:50 | 小説

四両二分の女

居眠り紋蔵シリーズです。

桑山十兵衛をほぼ読み切ってしまったので、
違うシリーズ開拓中です。
[PR]
by maruta_book | 2015-04-19 16:47 | 小説

私闘なり、敵討ちにあらず

桑山十兵衛シリーズです。

これが既刊の最新刊ですね。
最初の頃ので買い損なっているのがあるから、
それ探そう。

なんだかんだで面白いです。
[PR]
by maruta_book | 2015-04-19 16:45 | 小説

夢に見た娑婆

縮尻鏡三郎シリーズです。

これで、文庫の既刊は終わりかな。
[PR]
by maruta_book | 2015-04-11 11:56 | 小説

たどりそこねた芭蕉の足跡

桑山十兵衛シリーズです。

縮尻鏡三郎シリーズより、今はこれが一番面白い気がする。
[PR]
by maruta_book | 2015-03-22 17:12 | 小説

六地蔵河原の決闘

八州廻り桑山十兵衛シリーズです。

こっちの話は立ち回り多めのコンセプトなんですかね。
それに薀蓄が多すぎる気がします。

今、久々に縮尻鏡三郎シリーズ読んでますが、
こっちはもっと読みやすい感じなんですが。
[PR]
by maruta_book | 2015-02-22 18:30 | 小説

えどさがし

佐藤雅美とパラで読んでたら
こっちのラノベ感がひどかったですねぇ。
ラノベと思って読めば、どうってことないんですが。
わざわざ江戸言葉混ぜる必要ないですよね。
かえってラノベ感に水を差してます。
[PR]
by maruta_book | 2015-02-08 20:39 | 小説