カテゴリ:その他の本( 45 )

参勤交代の真相

安藤優一郎

面白かった!!

尊王攘夷運動の盛り上がりとともに
天皇に参勤する動きが出てきた話とか
参勤交代が徳川幕府的にどういう意味があったのがが
とてもよくわかる本でした。
[PR]
by maruta_book | 2017-01-03 17:23 | その他の本 | Trackback | Comments(0)

スピリチュアル漫画家!

魔夜峰央

あれあれあれ。
魔夜峰央、ほぼ老後破産状態だそうです。

今は埼玉ものが受けて一息ついているようですが。

傍から見る限りでは、
収入が減っているのに生活レベルを落とせない典型的な老後破産のようです。
売り払った宝石貴金属っていったい何千万円分なのよと。
それを4,5年で使っちゃうわけかと。

まあ、パタリロ西遊記みたいなスピンオフものや親バカ日記くらいまでは面白かったんですが、
その後のマンネリ化が最悪でしたね。
コミック買うのをやめようと思う程度に。

今の生活レベルを維持したいなら
もうちょっとちゃんと話を作った方がいいと思います。
[PR]
by maruta_book | 2016-08-14 19:06 | その他の本 | Trackback | Comments(0)

総特集 いしいひさいち 増補新版

前のが出た時に探し回って買ったのに、今更こんなものを。

どうせ出すなら増補版とかじゃなく
新しい別のを出してくれれば良かったのに。゜
[PR]
by maruta_book | 2016-08-14 18:47 | その他の本 | Trackback | Comments(0)

マックスむらい、村井智建を語る。

若いのに、立派だなぁと思って
ちょっと買ってみました。

どこかに、働いていなければ窒息してしまう、
みたいなことが書いてあり、
また、前の会社でのブラック上司ぶりがすさまじく
まあ、まるたとは人種が違うことがよく分かったと。

参考にはなりませんね。

ちなみに、この本、
アマゾンとかのレビュー評価はすごく低いんですが
自伝本なんてみんなこんなもんだと思うし、
まるたは、むらいの生き方は参考にはならないと思ったけれども
本としては、特に不満はないです。
必要な情報はちゃんと得ることができました。

低評価をつけた人、多分子供たちは何を期待してたんですかね?
マックスむらいのパズドラへの情熱を知りたかった?
パズドラのためにどんな努力したとか?

あらためてアマゾンとかの評価読んでみると
偉人伝みたいなの期待してたみたいですね。

自分は、ちょっと前に、クラシック音楽家の自伝本
結構読んだんで、現役の人の自伝本(の内容のなさ)に免疫ができてたのかも。
そんな、みんながみんな野口英世みたいなわけないじゃん。
[PR]
by maruta_book | 2015-07-04 20:33 | その他の本 | Trackback | Comments(0)

英国一家、日本を食べる

マイケル・ブース

イギリスってより、アメリカ人っぽい。

でも、あれだけ食べたいだけ食べて長生きは絶対無理(笑)。
[PR]
by maruta_book | 2014-07-20 18:49 | その他の本 | Trackback | Comments(0)

パンツの面目 ふんどしの沽券

米原万里

なんか外でランチに出たのに
読み物を持たなかったことに気づいて
適当にひっつかんで買ったものだった気がします。

適当なタイトルをつけた雑文だろうと思ったら、
本気でパンツとふんどしの話だったと。

まあ、面白かったです。
[PR]
by maruta_book | 2014-05-25 21:25 | その他の本 | Trackback | Comments(0)

古代ローマ人の24時間

アルベルト・アンジェラ

いやー、面白かった!!
現代社会との無意味な比較が多かったのが玉に瑕ってとこですかね。

これを読んでから、もう一度、クリスタル☆ドラゴンを読んだり
テルマエ・ロマエを読んだりすると
おもしろさが増すかも。
[PR]
by maruta_book | 2013-05-13 20:54 | その他の本 | Trackback | Comments(0)

虚言と虚飾の国・韓国

呉善花

彼の国に関する理解不能なことが、いろいろ腑に落ちてしまって
どうしようって感じです(笑)。

そういや、韓国野球の先発メンバー変更事件ってあったなぁ、
あれはそういうことだったのか、みたいな。

まあ、この本によると、
韓国人は自分と自分の血脈の利益のためには平気で嘘をつくそうですが、
(嘘を悪いことだと思ってないらしい)
そうだとすると、この本に書いてあることも嘘が沢山含まれているんだろうと。
#矛盾した話ですね。

ただ、上手な嘘ってのは、端から端までの真っ赤な嘘ではなくて
現実を組み立てるときに、あちこちに挿入され、
違う世界を作ってみせるようなものだと思うので、
(詐欺師のやり方)
この本の内容も全部は嘘ではなくて
半分以上は本当だろうって気がします。

実際、後半は、作者的に美味しいところだけを誇張した我田引水的な内容でしたね。

最近のいろいろな事件は確かに面白くないけど
曲がりなりにも民主主義国家の民族全体を否定するようなことはしたくないと思いつつ
あまりにも腑に落ちてしまって、なんか、信じてしまいそうで嫌だなぁ。
[PR]
by maruta_book | 2013-03-10 17:48 | その他の本 | Trackback | Comments(0)

卑弥呼は何を食べていたか

廣野卓

卑弥呼の話はあんまり出て来ませんでしたね。
根拠の足りない話も多かったし、
ダイコン食べてましたみたいな素材だけの話はつまらないし、
三段論法も多かったし、最後のスズキの話は脱線しすぎ。

まあ、それでも最後まで読み切ったのは、
腹が立つ程ではなく、いい睡眠薬になったから
ってとこでしょうか。
[PR]
by maruta_book | 2013-03-06 21:33 | その他の本 | Trackback | Comments(0)

知れば知るほど面白い世界史50の謎

うさんくさい話も多かったですが、まあまあ面白かったです。
最後の方の残虐な話はつらかったな。
[PR]
by maruta_book | 2012-11-10 16:26 | その他の本 | Trackback | Comments(0)