<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ

高橋由太

なんか、しゃばけの仁吉を独立させて主人公にしようって
思って書いたんじゃないか、みたいな小説ですね。
作者は仁吉ファンの女性ですかね?

ストーリーも中核なしに漫然と進んで、最後にネタばらしだけある感じ。
読みやすかったので、ご縁があれば、次回作を読むこともあるかもと思ったけど、
1作目からネタ切れ後の「シャム猫ココ」シリーズみたいな状態じゃ
ちょっと、うーん、かも。
[PR]
by maruta_book | 2010-06-27 20:10 | 小説 | Trackback | Comments(0)

拝み屋横町顛末記 13巻

宮本福助

一緒に「なごみさん」も出たんだけど、
こちらは今ひとつ筋が無いのでパスしました。
拝み屋の方は最近ちょっと落ち着きすぎかなぁ。
[PR]
by maruta_book | 2010-06-27 18:33 | マンガ | Trackback | Comments(0)

下流の宴

林真理子

毎日新聞で連載中に最後の方だけ読み、
珠緒のサクセスストーリーが面白かったので本を買って読んでみたんですが、
面白いのは終わりの方だけでした。

他の所は、登場人物のあまりのヘタレぶりにちょっとうんざり。
書き方もステレオタイプ過ぎる気がするし。
もう少し、人の心は揺れるものだと思いますけどね。
[PR]
by maruta_book | 2010-06-26 19:13 | 小説 | Trackback | Comments(0)

チャンチャンバラエティ

いしいひさいち

毛利元就のは難しすぎ。
B型平次と忍者無芸帖がサイコー!!
[PR]
by maruta_book | 2010-06-23 20:48 | マンガ | Trackback | Comments(0)

玄奘三蔵、シルクロードを行く

前田耕作

ガンダーラまでで終わっちゃってて、知らない人が読んだら
玄奘はガンダーラまでしか行かなかったような誤解を与えますね。

それはさておき、
本物の三蔵法師は、皇帝の命を受けてどころか
違法出国してまで真理追究の旅に出たのだそうです。

つねづね、マズローの欲求の5段階説は
下の方が満足されなければ、上の欲求は絶対出てこないのかどうだか
気になってたんですが、
凡人はその通りだけれども、まれにそうでない人がいて、
聖人とか偉人とかにはそういう人が多いというのがよく分かりました。
これが修行して得た特質なら結構ですが、
玄奘の本を読んだ限りでは、生まれつきとしか思えず
人間なんて不平等だとあらためて思ったわけです。
[PR]
by maruta_book | 2010-06-19 18:47 | その他の本 | Trackback | Comments(0)

ののちゃん 全集 7巻

こんな重たいのじゃなくて早く文庫にして欲しいです。
[PR]
by maruta_book | 2010-06-19 18:34 | マンガ | Trackback | Comments(0)

スキップ・ビート! 25巻

だからキョーコ持てすぎだって。
イケメンが大量に出て来て、
よってたかって根性曲がりの主人公を好きになるマンガなんて
誰が面白いって思うよ。
不破やレイノのファンがいても、彼らがキョーコに惚れちゃったりすれば
彼女たちは怒り狂うと思うんですけど。
[PR]
by maruta_book | 2010-06-18 23:49 | マンガ | Trackback | Comments(0)

水木しげる伝 上・中・下巻

普段行かない本屋に行ったらあったので、
買って読んでみました。

南方戦線の話は、ビッグコミックに載っていたのより遙かに悲惨でした。
一方、水木しげるがかなりの変わり者というのもよく分かりました。
ある種の天才だと思いますが、明らかに凡人とは住んでいる、というよりは
見ている世界が違うようです。
妖怪とか何とか置いておいても。
奥さんは大変ですね。
[PR]
by maruta_book | 2010-06-17 20:12 | マンガ | Trackback | Comments(0)

ちはやふる 9巻

この手の話は後輩が入ってくるとつまらなくなるのがお約束なんですが、
後輩、良いキャラですね。
展開が楽しみです。

しかし、ちはや達が1年の時の方が、
ずっと面倒な一年生だったんじゃ(笑)。
[PR]
by maruta_book | 2010-06-12 21:01 | マンガ | Trackback | Comments(0)

えほん もやしもん あいさつ

美里と川浜のカップル。イヤ過ぎー!!!(爆)
[PR]
by maruta_book | 2010-06-11 21:45 | その他の本 | Trackback | Comments(0)