<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

フラワー・オブ・ライフ 1, 2, 3巻

よしながふみ

よしながふみの昔のマンガだし、そっち系かと思ったら
まともなマンガでした。
よく見たらそんなに大昔のマンガでもないし。

それはともかく、良い話でした。
この人の描くマンガには、
根っからの悪人は出てこないから、
読後感がいいですね。
[PR]
by maruta_book | 2010-11-28 17:35 | マンガ | Trackback | Comments(0)

誰も寝てはならぬ 14巻

サザエさんワールドに入ってます?
まあ、面白いから良いけど。
[PR]
by maruta_book | 2010-11-27 22:26 | マンガ | Trackback | Comments(0)

よつばと! 10巻

うんうん。
よつばと!いいなぁ。
[PR]
by maruta_book | 2010-11-27 21:19 | マンガ | Trackback | Comments(0)

とりぱん 10巻

家庭菜園ネタができない割には順調で安心しました。
[PR]
by maruta_book | 2010-11-24 21:05 | マンガ | Trackback | Comments(0)

ピアノの森 19巻

今度は切れの良いところで終わってましたね。
というか、最近、連載の方が落ち気味で心配です。

ところで、雑誌CHOPINとのコラボで、
ファイナルに進出する全12名を当てよう、
という企画をやってて、何人か当たった人がいたようです。
おおかたは、マンガをじっくり読んでいれば当たる人選だったんですが、
ただ一人、2次の演奏で、その他大勢扱いされていた
「エヴゲニー・ドミトリエフ」を当てた人たちって何者?(笑)
[PR]
by maruta_book | 2010-11-22 21:55 | マンガ | Trackback | Comments(0)

くるみ割り人形

好奇心でラトルのくるみ割り人形を絵本版で買ってみたんですが、
まさか、ドラマがどっぷり被さっていようとは(笑)。
ちょっとドラマの内容に不満爆発なので、こちらのコーナーで感想書いてみようかと。

ドラマは昔ながらのくるみ割り人形ではなく、
日本人作家の創作です。
これがまた、アニメ・ゲームの作家さんらしく、
どっぷりアニメ脳な作りで(笑)。

貴族社会の時代に、独立起業またはお嫁さんに行ける歳の女の子が
家の手伝いもせずに、日がな一日中空想物語を書くことに夢中になっていれば
ご両親怒るのは当然でしょう。
あの時代に「私のことを認めてくれない」とか甘ったれたセリフは
10歳にならない歳の子の言うセリフであって、
100年以上昔では、年頃の女の子は、もっと大人だと思いますけどね。
すくなくとも、ああいうセリフは男関係以外では出てこない程度に(笑)。
これだからアニメ脳作家はねぇ。
今時の子供は二十歳過ぎても(うっかりすると30過ぎても)
自分の役割を理解しようとせずに勝手にトンチキなことをしておいて
「ほめてもらえると思ったのに、私のことを認めてくれない」とか言ってますが、
今時の子供がずぶずぶに世間知らずなのは
個性尊重とか言って、家の手伝いも何もさせずに甘やかしてるからなのに。

この話って、ラトルとかにも読ませたんでしょうかね?
欧米じゃ、子供が家の手伝いをするのは当たり前ですし、
こんな話を読ませたら、
日本の恥部を見せたようで恥ずかしいとか思っちゃうのはまるただけ?

この話を海外の人に読ませても恥ずかしくないようにするには、
クララを8つくらいにして、
お菓子作りを覚えてきたのをきっかけに
料理の(家の)手伝いをするようになったり、お菓子作りの勉強をするようになったりして
こちらに戻ってきてから約10年後ぐらいに
お店を出して、王子様のお出迎えがある、
って感じにして欲しいです。
10年という歳月の長さがまたおとぎ話風でいいと思うんですが(笑)。

まあ、絵本の絵の方は良かったです。
もう少しクリスマスらしく華やかな色彩でもよかったかな。
[PR]
by maruta_book | 2010-11-21 17:17 | その他 | Trackback | Comments(0)

アラベスク I II III IV

山岸凉子

過去に文庫で読んだけど、その後処分してしまったんですが、
今回改めて読んでみると、もしかしたら昔読んだことがあったのは
第2部だけかも。
第1部の記憶が全くありませんでした。

ま、それはともかく、
特に第1部は、SWANそっくりですね。
SWANのありとあらゆる要素が入ってます。
もちろん、SWANの方が後から描かれたものなので
言ってみればSWANって力いっぱいアラベスクのパクリだったと(汗)。

まあ、でも、さえない引っ込み思案の主人公に王子様、
自信満々のライバルって、あの頃の少女漫画の基本アイテムではありますが。

もひとつ、もちろん、SWANはこれはこれで十分に面白いです。
大人になるとみんな悟りきった聖人君子になっちゃうのが
ちょっとなんだかなーですが。それを除けば(笑)。
[PR]
by maruta_book | 2010-11-20 22:02 | マンガ | Trackback | Comments(0)

なんて素敵にジャパネスク 人妻編 10巻

原作の方は大昔に読んでもう捨ててしまったので、
話をすっかり忘れてます。
続きが気になります。
[PR]
by maruta_book | 2010-11-19 21:23 | マンガ | Trackback | Comments(0)

オーロラ 王魔が刻

魔夜峰央

「クレプスキュール」を読んでないので、竹中くんが何物か分かりませんでした。

それはともかく、この広げすぎた話をこの後どうするつもりでしょ?
もう、これで終わりだから、広げるだけ広げちゃったのかな?
[PR]
by maruta_book | 2010-11-14 15:30 | マンガ | Trackback | Comments(0)

八丁堀育ち

風野真知雄

推理ものとしてはショボイ感じがします。
ただ、大人になった主人公の回想で始まるこの話、
子供達がその後どうなるのかが書かれていないので
そっちの方が気になりますね。
[PR]
by maruta_book | 2010-11-14 15:27 | 小説 | Trackback | Comments(0)