<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Landreaall 19巻

相変わらず無意味なカタカナ満載ですが、
話はだいぶ読みやすくなってますね。
でも、もう、つきあうのに疲れてきました。

なんか、かっこよさを出そうとしてるのか
人物に裏があるような演出とか、カタカナとか
読みにくいだけじゃなくて、頭悪そうだし、
テンポと雰囲気悪くしてるだけなんですよね。

もともと絵の雰囲気とか、那州雪絵に似てて
人物に裏があるような感じとか、専門用語とか
那州雪絵も、そういうの出てくるんですけど、
こっちは読者に無駄なストレスをかけずスッと入ってくるか
やり過ごすことができるんですね。
後でつらつら読み返すと、実はっていうのが分かって
奥深い感じを演出してるんですが、
おがきちかのは、読み飛ばすと話が分からなくなるし
押しつけがましいです。
面倒くさくて、後でもう一回読み返そうって気にならないです。

読み始めた頃は、一皮むければブレイクかと思ったけど、
ダメだよこれ。余計なコト考えすぎ、というか、自分の書きたい物書き過ぎ。
マイナー誌でも商業誌なんだから、
もうちょっと、読者意識してほしいもんですね。

自分の書きたいもの書いて成功できるのは
手塚治虫、高橋留美子クラスのほんの一握りの人だけです。
でも、そういう人は自分の書きたいものと
読者に受けるものが意識下で一致してるんですね。
というか、読者受けしないものなど書く気ないと思います。

自分の書きたいものしか書きたくないなら
同人誌で書けばいいと思うんですけど。

作者、そういうことも理解できない程若くはないでしょうに。

続きはご縁があれば。
[PR]
by maruta_book | 2011-12-30 22:39 | マンガ

天才柳沢教授の生活 32巻

うんうん。なんかいい感じ。
[PR]
by maruta_book | 2011-12-29 21:04 | マンガ

とめはねっ! 9巻

昔話が面白かったです。
でも、これだけで、笠置(祖母)が、大江(祖母)を
あれほどライバル視するとは思えないです。
まだ、何かあるのかな。
[PR]
by maruta_book | 2011-12-29 08:50 | マンガ

魔法使いの娘に非ズ 2巻

最近、家の本棚がいっぱいになってきたので
もう二度と読み返さない本は売ってしまおうと思って
整理中ですが、
辛気くさい話は基本的に捨てようと思ってるのに
那州雪絵は辛気くさい話を描いても
どこかドライで読みやすいんですよね。
那州雪絵のマンガは捨てられません。

でも、今回のはかなり暗かったです。
もう少し、コメディな雰囲気があるといいんですけど。
[PR]
by maruta_book | 2011-12-28 21:10 | マンガ

日出処の天子 2巻、3巻

話が難しいんですけど、
昔は、こんな難しい話が少女漫画として大受けしたって
ある意味すごい、というか、今の若い子達がヘタレ過ぎなのかも。

美味しんぼとかだって、
もし現代で連載が始まったとしたら
絶対に受けないと思います。

さて、この完全版は1冊が1500円もして高いので
続きは文庫にしようかどうか考え中です。

しかしこの完全版がメディアファクトリーからの出版で
文庫が白泉社ということは、
文庫に切り替えるならさっさと切り替えないと
絶版になる(なってる)ってことでしょうか?
迷ってる暇無いぞ。
[PR]
by maruta_book | 2011-12-28 21:06 | マンガ

笑う英会話

辞書に載ってる変な例文を集めた本です。

確かに変なの多いですけど、
半分くらいは日本語訳がおかしいって感じですね。
英文の方は違和感無かったりします。
[PR]
by maruta_book | 2011-12-19 21:26 | その他の本

テルマエ・ロマエ 4巻

特装版の方が発売が早かったので買いました。

オマケは楽しいけど、さすがにあれはケータイには付けられません。

話の方は新展開ですね。
でもちょっと長いかなぁ。
これまでが、ほぼ1話完結だっただけに
1冊の中で話が終わりきらないのには違和感があります。

それから、映画化とか。
ローマ人を日本人がやるんだろうか・・・。
のだめの時もだいぶ不自然に感じたけど、
なんか変な文化が定着しつつあってヤ。
[PR]
by maruta_book | 2011-12-18 20:47 | マンガ

糸とはさみと大阪と

小篠綾子

やー、すごい人ですね。
成功する人にはこういう人多いんですけど、
すんごい自分勝手(笑)。でも自覚無いです。

一般的な人と比べてネジが20個くらい足りなくて、
その分、バイタリティが人の100倍、みたいな感じ。

まるたは、コシノ洋装店のお得意様としてだったら
この人とつきあいたいですが、
それ以外では、一切関わり合いになりたくないです(笑)。

「カーネーション」の糸子の方は、モデルと比べると
ものすごく人間的になってますね。

まあ、この本のままじゃあ、到底、朝の連ドラにはならんわな。

ちなみに、前に読んだもう1冊と比べると
パラメータ少ない度が大きいです。
こっちの方が若い頃に書かれたものなんですが、
もう1つの方は、年取って自分の過去に人として恥ずかしい行動が沢山あることが
分かるようになって、ちょっと脚色したかもしれませんね。
[PR]
by maruta_book | 2011-12-17 20:09 | その他の本

コシノ洋装店ものがたり

小篠綾子

NHKの「カーネーション」が面白いので、
見損なった初めの方と続きが気になって買ってみました。

終戦以降が、NHKの朝の連ドラには
どう考えても無理だろうと思わせる話なんですが、
この後ドラマはどうするんでしょうね?

主人公が、子供ほったらかして不倫相手と同棲って
朝の連ドラでありか?
と思ったり。

ちなみに、もう1冊もう少し昔に書いた自伝も買ってます。
両方本人が書いてるのに
ビミョーに話が違ってるようなので
期待(笑)してます。
[PR]
by maruta_book | 2011-12-11 16:42 | 小説

バンビ~ノ! SECOND 9巻

支配人のぬいぐるみ遊びが面白かったです(笑)。
[PR]
by maruta_book | 2011-12-01 21:36 | マンガ