<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

チャイコフスキー・コンクール ピアニストが聴く現代

中村紘子

審査員として参加した時の話の本なんですが、
この本の9割以上を占める審査員としての話は全然面白くなくて、
というか読んでも仕方がない話で、
残りの1割弱の四方山話がすごく面白かったという変な本でした。

例えば、中村紘子自身の若い頃のコンクール経験や
スヴェトラーノフとの話は面白かったし、
1986年のチャイコフスキー・コンクールに実はエレーヌ・グリモーが参加してたとか、
(予選落ちしたらしい、そりゃそうだ)
プレトニョフがRNOを作ったときに噂された
「青いパーミャチ」とか(笑)。

その他に、一番激しく同意した話は次の話です。
日本人参加者がつまらない理由を日本人が考えると
「ある内面的な作品の或る箇所を感動に満ちて演奏することができないのは、表現力や技術の乏しさのせいではなく、要するにその音楽家の「心掛け」や「精神修養」が不足しているせいであり、(本場の文化に対する)「教養」が欠けているせいなのだ・・・・・・。」
といった答えに一足飛びに飛びついてしまうことを指摘していて、
それについて、外国人にコメントを求めたところ、
「ホロヴィッツに、ネコの脳ミソほどの知性も期待しているやつはいないよ。しかし、彼の演奏は素晴らしい。これはちょっと極端過ぎる反論かね?」
と答えたとか。

そうなんですよ。SWANモスクワ編とかもそうだし、
沢山のクラヲタがとにかく、マニュアル本(音友とか(笑))を参照し
予備知識で頭をいっぱいにして、ただ勝手なこと言ってるだけの評論家の話を鵜呑みにして、
って全部こういう話ですよね。
芸術に武士道。つまんなそう(笑)。

もっと自分の感性を大事にしたら、と思うんですけどね。
[PR]
by maruta_book | 2012-02-26 20:29 | その他の本 | Trackback | Comments(0)

西遊妖猿伝 西域編 2,3巻

連載が止まってますね。
この間外伝みたいのやってたけど
続きが読みたいなぁ。

ってか、モーニング・・・。
これとピアノの森が止まってて、
誰も寝てはならぬと僕はビートルズとレンアイ漫画家が終わって
チェーザレが教科書みたいになってて、読むところ無いぞ。
大丈夫ですかね?
[PR]
by maruta_book | 2012-02-26 17:42 | マンガ | Trackback | Comments(0)

May探偵プリコロの不信

プリコロの顔がどんどん縮んでますが(笑)。

だいぶマンネリ化して来ましたが、
最後の話は面白かったな。
[PR]
by maruta_book | 2012-02-25 20:50 | マンガ | Trackback | Comments(0)

ガラスの仮面 48巻

連載時から結構書き換えてますね。
途中で破綻して連載休止とかにならないことを祈ります。
[PR]
by maruta_book | 2012-02-25 20:48 | マンガ | Trackback | Comments(0)

黄金のラフ 33巻

完結編です。

そうか、これは、90度スライスで始まって
90度スライスで終わってるんですね。

ところで、黄金のラフが終わったビッグコミックが
とてつもなくつまらないので
もう買うの止めようか考え中です。
華中華のチャーハン対決が終わっても
他に面白いマンガが出てこなきゃ止めかな。

しかし、モーニングもどうしようもなくなってるし
読める雑誌がないんですけど。
[PR]
by maruta_book | 2012-02-19 20:00 | マンガ | Trackback | Comments(0)

西遊妖猿伝 西域編 1巻

続けて読んでます。

石槃陀って確か、一番最初の孫悟空のモデルでしたかねぇ?
たった一人の玄奘の従者とかいう。
でも、確か、本当の玄奘は、結構何人もお弟子さん連れて旅したんじゃなかったかなぁ。
苦しい旅で途中で増えたり減ったりしたみたいですが。
[PR]
by maruta_book | 2012-02-11 17:58 | マンガ | Trackback | Comments(0)

西遊妖猿伝 大唐編 10巻

しばらく放っておいた続きを読んだら、
話をすっかり忘れてました。

暗くて不気味な話なのに、
なぜかぐいぐい読ませるのは不思議です。
[PR]
by maruta_book | 2012-02-11 17:52 | マンガ | Trackback | Comments(0)

SWAN モスクワ編 2巻

なんか、自分の世界だけに住んでるクラヲタの戯言みたいな描写が多くて
ちょっとうんざりしました。
芸術家が崇高な人格を持ってるなんて幻想だよねぇ。
昴に出てくるような人の方がありそうな気がします。
そもそもバレエダンサーが芸術家かどうかって問題もありますが。
まいあの方が面白かったですね。
[PR]
by maruta_book | 2012-02-10 20:17 | マンガ | Trackback | Comments(0)

グラゼニ 3巻

このあたりが一番中だるみかも。
ケガするあたりからまた面白くなるんですよね。
[PR]
by maruta_book | 2012-02-10 20:09 | マンガ | Trackback | Comments(0)

鬼灯の冷徹 3巻

キャラになれてくると、ますます面白いです。
[PR]
by maruta_book | 2012-02-10 20:09 | マンガ | Trackback | Comments(0)