<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

日本人が誤解する英語

マーク・ピーターセン

前にもちょっと触れましたが、この手の本にしてはかなりいい本です。
少し文法の知識が怪しいところがあるのと
ピンポイント過ぎるのが玉にキズかな。

ただ、論文の受動態反対論には同意できないですね。
weを使いまくる論文なんて、素人丸出しだし、
だいたいそんな主観的な論文信用できません。
本当に、自分たちが何をしたかを語るとき以外はweは使わないのが鉄則です。

同意できない部分も多かったですが、
単語のイメージをつかむことが重要で
ピンポイントではありますが、
日本人が使い分けが下手な単語のイメージを説明してくれているのは
とても良いと思いました。
[PR]
by maruta_book | 2012-05-20 20:27 | 自己啓発 | Trackback | Comments(0)

百姓貴族 1巻

荒川弘

なるほど、自分が農業高校の出身だから
ああいうマンガを描いてる訳ですか。

んー、でもきっと若い頃の記憶を美化しすぎている
(特に自分と違う勉強熱心な同級生とか)
ような気がするのと、
いまは時代が全然違うっての分かってない気がしますねー。
[PR]
by maruta_book | 2012-05-20 20:22 | マンガ | Trackback | Comments(0)

ヤングブラック・ジャック 1巻

同人誌でやりそうなネタを商業誌でやってしまったようなマンガです。

若干安い感じは否めないんですが、
そこは神様じゃないんだし仕方ないかな。
一生懸命作ってる感じはあります。

おぼろげな記憶では
本物(?)のブラック・ジャックは確か手の震えが原因で医師免許を取れなかったような。
[PR]
by maruta_book | 2012-05-20 20:20 | マンガ | Trackback | Comments(0)

パタリロ! 88巻

久々に読みやすかったです。
なんでかな?
[PR]
by maruta_book | 2012-05-20 20:11 | マンガ | Trackback | Comments(0)

超嗅覚探偵NEZ

那州雪絵

単なる超能力者ものだとマンネリだから
すこし切り口を変えてみたってとこでしょうか。
でもあんまり趣味がいいとは言い難い気が。
これは続かないよね。
というか、どんなによくできた話でも人気は出ないと思う。
変にリアルで怖すぎる。
[PR]
by maruta_book | 2012-05-07 21:27 | マンガ | Trackback | Comments(0)

贋作に明日はない

ヘイリー・リンド

「贋作と共に去りぬ」の続編です。
なんとなく、全体的に話がとっちらかってはいますが
まあまあ面白いです。

続編が出たら買うかな。

ちなみにマイケルの印象はレミントン・スティールに近いのかなぁ?
[PR]
by maruta_book | 2012-05-04 23:05 | 小説 | Trackback | Comments(0)

日本人のちょっとヘンな英語

デイビッド・セイン、中野きゆ美

うーん。
基本文法間違いと語彙の使い方間違いの例の話しかないから
例に出たものについてしか情報がないんですよね。
結果として、「日本人の英語はヘンだ」と言ってるだけの
しょーもない本になってます。

日本人の英語聞いて首をひねるネイティブが多いのは理解するけど
#毎日かあさんの英語は結構怪しい気がするし(笑)、
殆どの人は善意で意図を解釈してくれるから
この本に出てくるようなことはあまり起こらないし
気にしなくていいんじゃないかなぁ。

たとえば、作者本人の例として、寿司屋で
「あいそを尽かして下さい」って店員に頼むシーンがあるけど
しゃべった人が外人なら、回転寿司の店員でも、
3秒悩んで、それが「おあいそ」のことだって分かると思う。
同じ事は外国でも当然起こりますよ。

それに、言い回しが古くさい、みたいのは
もう全く気にしても仕方がないです。

この作者にしても、英語に対してものすごい誤解があるのは
英語は英語圏の人だけのものじゃないって事。
殆どの日本人は、「外国人」と話すための共通言語として
英語を使います。
そういう場面では、"How are you?" ってきけば
"I'm fine, thank you." が普通に帰ってくるし
"Thank you very much." "You're welcome."
当たり前に会話に出て来ますしね。

まあ、日本語で言うなら、いまどき
「いいとも」も「ですのよ」も「ごきげんよう」も使わないって話なんだろうけど
そんなのは日本が比較的均一な言語の変化の元にあるから言えることであって
もし全世界レベルに日本語が普及してたら、とても制御しきれないでしょう。

そういうの、この作者分かってないんですよね。
分かってないって事は、もしかしたらこのマンガに書いてある言い回しは
どこかの地方ローカルな言い回しだったり、既に10年前に死語になった言い回しだったりする
可能性もあるわけですよ。
そういや、この間、イギリス人が"My name is..."って自己紹介してましたよ。
なんで気にしても仕方ないです。

まあ、正しい文法と正しい語彙でしゃべるに越したことは無いけど
この本は、ある具体的な例の話しかしてないから
その例は覚えられても応用が利かないんですね。
赤ん坊なら丸暗記で覚えていくんでしょうけど
日本に住んでる大人の日本人が丸暗記で全部覚えていくのは
まあフツーに無理だし。
ある程度理屈を使って覚えた方が効率良いです。

結果として、このマンガは日本人の恥の精神に訴えるだけで
それ以外に大した情報が無いものになってます。
買うだけ金の無駄、読むだけ時間の無駄、恥ずかしいと思えば感情の無駄遣いです。
買ってはいけません(笑)。

この手の本で比較的ちゃんと解説してる本を
別口で読んでるんですが、
#月に5ページくらいしか読み進んでないので、いつ読み終わるか見当ついてないですが(笑)
ちょっと紹介すると
「日本人が誤解する英語」マーク・ピーターセン
って本です。
こっちはちゃんと理屈から説明してくれてるので
応用が利きやすいです。
[PR]
by maruta_book | 2012-05-02 22:03 | マンガ | Trackback | Comments(0)

チェーザレ 9巻

モーニングで読んだときは、
教科書みたいな話ばっかで読みにくくてしょうがないと
思った記憶があるんですが、
続けて読んでみるとそうでもないですね。

描き直したのかな?
[PR]
by maruta_book | 2012-05-02 21:38 | マンガ | Trackback | Comments(0)

とりあたまJAPAN 日はまた昇る!編

佐藤勝、西原理恵子

西原理恵子のマンガは面白いんですが、
佐藤勝ってあんまり頭良くなさそうかなぁ。

ビッグコミックで連載してる「憂国のラスプーチン」はかなり面白くて
華中華のチャーハン対決が終わったので
もうビッグコミック買うの止めようかと思ったけど、
これの続きが気になって、まだ買ってるんですね。

でも、これが面白いのは佐藤勝の力じゃなくて
伊藤潤二の力なのかと思い始めたり。
そういえば「うずまき」は面白かったです。
[PR]
by maruta_book | 2012-05-01 10:51 | マンガ | Trackback | Comments(0)

87CLOCKERS 1巻

二ノ宮知子

オーバークロックオタの話だそうで。
続きが気になるような、どうでもいいような。
もし2巻を偶然見かけたら買うかも知れないですが。
わざわざチェックはしないかなぁ。

ノリは良いんですけど、それだけな感じ。
[PR]
by maruta_book | 2012-05-01 10:45 | マンガ | Trackback | Comments(0)