チャンチャンバラエティ

いしいひさいち

毛利元就のは難しすぎ。
B型平次と忍者無芸帖がサイコー!!
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-23 20:48 | マンガ

玄奘三蔵、シルクロードを行く

前田耕作

ガンダーラまでで終わっちゃってて、知らない人が読んだら
玄奘はガンダーラまでしか行かなかったような誤解を与えますね。

それはさておき、
本物の三蔵法師は、皇帝の命を受けてどころか
違法出国してまで真理追究の旅に出たのだそうです。

つねづね、マズローの欲求の5段階説は
下の方が満足されなければ、上の欲求は絶対出てこないのかどうだか
気になってたんですが、
凡人はその通りだけれども、まれにそうでない人がいて、
聖人とか偉人とかにはそういう人が多いというのがよく分かりました。
これが修行して得た特質なら結構ですが、
玄奘の本を読んだ限りでは、生まれつきとしか思えず
人間なんて不平等だとあらためて思ったわけです。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-19 18:47 | その他の本

ののちゃん 全集 7巻

こんな重たいのじゃなくて早く文庫にして欲しいです。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-19 18:34 | マンガ

スキップ・ビート! 25巻

だからキョーコ持てすぎだって。
イケメンが大量に出て来て、
よってたかって根性曲がりの主人公を好きになるマンガなんて
誰が面白いって思うよ。
不破やレイノのファンがいても、彼らがキョーコに惚れちゃったりすれば
彼女たちは怒り狂うと思うんですけど。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-18 23:49 | マンガ

水木しげる伝 上・中・下巻

普段行かない本屋に行ったらあったので、
買って読んでみました。

南方戦線の話は、ビッグコミックに載っていたのより遙かに悲惨でした。
一方、水木しげるがかなりの変わり者というのもよく分かりました。
ある種の天才だと思いますが、明らかに凡人とは住んでいる、というよりは
見ている世界が違うようです。
妖怪とか何とか置いておいても。
奥さんは大変ですね。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-17 20:12 | マンガ

ちはやふる 9巻

この手の話は後輩が入ってくるとつまらなくなるのがお約束なんですが、
後輩、良いキャラですね。
展開が楽しみです。

しかし、ちはや達が1年の時の方が、
ずっと面倒な一年生だったんじゃ(笑)。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-12 21:01 | マンガ

えほん もやしもん あいさつ

美里と川浜のカップル。イヤ過ぎー!!!(爆)
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-11 21:45 | その他の本

ジャングル黒べえ

これって、アニメ用の企画だったんですね。
藤子・F・不二雄のアイデアじゃないんだそうです。
純粋な藤子・F・不二雄マンガにはどうにもなじめないのに
なぜか、子供の頃、アニメ好きだった理由が分かりました。

ちなみに究極の藤子・F・不二雄マンガはドラえもんだと思いますが、
ああいう、なんでもしてくれるのは良くないですね。
のび太は絶対まともな大人になれない、と思ってます。
そりゃまあ、子供の夢なんだけど。
ツボつきすぎというか、
何でも夢を叶えてくれる、を、そのまま売り出しちゃうのは
ルール違反だろうって気がします。

超人的な能力を使う登場人物は、オバQや黒べえくらいの
役立たずがちょうどいいです。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-04 21:41 | マンガ

誰も寝てはならぬ 13巻

サラ・イネス

もう、13巻にもなるというのに、不思議とネタが尽きないですよねー。
結構なことです。
まあ、かなり本人達に近いモデルがいるんでしょうけど。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-31 21:00 | マンガ

Landreaall 16巻

話は面白いんですけどねー。
相変わらず、青臭い屁理屈が多くって。
理想論ばっかりで頭でっかちなところが、
バブル後の不況期に職を探した三十代まるだし(笑)。
まあ、おかしな横文字のフリガナが減ってるだけ改善はしてますかね。

ちなみに、バブル後の不況期、おがきちか流に書けば
「失われた10年(フリガナでザ・ロスト・デケイド)」です。(笑)
もう、ええっちゅうの。バカに見えるから止めとけば。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-29 18:08 | マンガ

MOON 第6巻

どうでもいいけど、なんでメインキャストがみんな垂れ目なの(笑)?
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-28 21:50 | マンガ

とりぱん 9巻

だいぶネタ切れなんですが、
これには終わって欲しくないなぁ。
お母さん、いいキャラなんで、そのあたりで頑張ってくれると。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-23 19:45 | マンガ

西遊記 第4巻

平岩弓枝

完結編です。
最後の「チーム三蔵」状態は、やっぱりパタリロ西遊記を読んでたんでしょうか(笑)。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-23 18:02 | 小説

パタリロ! 84巻

惰性で買ってます。
ネタ切れ度、というか、無理なネタ度高いです。
パタリロ!のオリジナル設定じゃ、もう無理なのかもしれません。
今度はパタリロ三銃士でもやってみたらどうでしょう(笑)。
パタリロ西遊記の続きでもいいと思いますけど。
パタリロ西遊記が、パタリロ!の最高傑作だと思ってますから。
パタリロ!って
アドベンチャーとかサスペンスの方が、ミステリーより似合ってる気がします。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-20 20:41 | マンガ

May探偵プリコロ 第3巻

魔夜峰央

最近パタリロより、プリコロの方が面白い気がします。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-20 20:36 | マンガ

西遊記 第3巻

平岩弓枝

ハードカバー上下巻が文庫では全4巻のため、
下巻の分は3巻の途中からです。

平岩弓枝版の西遊記には、原作(?)には無いけど
パタリロ西遊記にはある小ネタが時々出てくるような気がします。
平岩弓枝がこれを書く際にパタリロ西遊記を読んで参考にしたのかも、
なんて考えるとちょっと楽しいです。

もっとも、それ以前の別の西遊記にあったネタで
両方が参考にした可能性はありますが。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-18 21:02 | 小説

西遊記 上

平岩弓枝

何年か前に買って積ん読状態だったものを読んでます。
下巻探そうとしたら、もう売って無くて文庫になってました。

話は、西遊記の原作(?)を少しだけ現代的なキャラクターにした感じです。
孫悟空が妙にけなげでかわいいですが、
猪八戒が諸星大二郎版以下のろくでなしになってます(笑)。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-16 20:06 | 小説

月館の殺人 上・下

これは、上下一気に読まないときついかも。
連載で読んでもつまんなかったかもしれませんね。

テツに関してかなりの誤解があるというか、誤解を助長してますよね。
まるたの職場は理系の職場ですが、
はっきりいって約半数が多かれ少なかれテツです。
でも、あそこまで異常な人はいないです。
鉄道への愛着は強いですけど、
理系にしては社交性が高く、よく気が利く常識人が多いです。

「理系の人々」でも感じましたが、
自分たちの考え方が当たり前だと信じ込んで、
自分の感覚が通じない人を排除しようとする、文系(マンガ編集者?(笑))の方が
異常というか、ココロが狭いのではと思います。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-09 18:27 | マンガ

理系の人々2

その昔本屋で1を立ち読みして、つまらなかったので買わなかったんですが、
2を立ち読みしたら面白かったので買ってみました。
ついでにもう1度1を立ち読みしてみたらやっぱり面白くありませんでした。
1の方がつまらないってパターン珍しいんですが、なんでしょう、
1読んだ人からフィードバックがかかったんでしょうか。

「働く理系」の章なんかは他人とは思えませんね。
忙しくなると、机の上は汚くなるのに、デスクトップは妙に綺麗だとか(笑)。

しかし、「女子からみた理系男子」はいただけないですね。
結局は文化と価値観の違いだしね。
理系の職場に入ってきた、学歴だけ理系の完全文系(当然全く仕事ができない)とか
職場では「もう言葉が通じないヤツ」扱いされますし。
相対的な問題だと思うんですけど。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-09 16:37 | マンガ

私はゲゲゲ

水木しげる

講談社漫画文庫版が本屋になかったので、
角川文庫の省略版(?)を買いました。

この本だと、奥様は非常に存在感が薄いんですが
全体的にかなりすっ飛ばした内容だし、
にもかかわらず、本気で妖怪を信じてる話ばかりがやたらと出てくるし、
なんか、妙な本だなぁと思って、
表紙をつらつらながめると、
副題が「神秘家水木しげる伝」なので、
そもそもそういう趣旨の本なのかも。

昔ビッグコミック(だったかな?)でやってた
南方戦線の話の方が読み応えがあった気がします。

講談社漫画文庫をネット注文して買ってみてもいいんですが
そこまでしなくても、という気になってきました。
あとは、ご縁があれば、読む機会もあるでしょう、ってなとこでしょうか。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-08 20:33 | マンガ

ゲゲゲの女房

今、NHKでやってる朝ドラの原作です。
朝ドラの方は、水木しげる役がどう見てもミスキャストですね(笑)。
あれじゃ、ただのワガママなお子ちゃまに見えちゃう。
水木しげるのイメージ悪くしそうです。
もっとも、朝ドラまだ3回くらいしか見てませんが。
多分この後もう何回も見ないと思いますが(笑)。

本によると、確かに水木しげるはワガママだったようですが、
それとは別に人を惹きつける魅力と包容力を持った人物だったようです。

奥様の言い分だけでなく、水木しげるの言い分も読んでみたくなりました。
講談社漫画文庫から出てるみたいです。
ちょっと読んでみようかな。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-06 18:46 | その他の本

ヘン

いしいひさいち

マンガというよりはエッセーです。
著者は形式上、いしいひさいちのマンガに登場する小説家広岡達三となっています。
が、エッセーの内容は、どちらかというと、いしいひさいち本人の思いに近いように思います。
広岡先生にしては気が弱すぎる部分が多いです(笑)。

まるたとしては、小説家の藤原先生(小学校の先生ではなく)の話を描いて欲しいなぁ。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-03 18:24 | マンガ

三銃士(下)

や、面白かったです。
人形劇の方も面白いですが、
ストーリーも人物設定も、もう完全に違う物ですね。

原作の方は、絶対に子供向けではないというか、
子供には読ませたくない代物なのに、
なんで、人形劇の題材を三銃士にしたかとつらつら考えると
原作から離れてできあがっている友情物語のイメージがあったからなんでしょうね。
長さ的にも半年で終わらせるのにちょうど良い長さだし。

原作は、後半のミレディ中心の話がすごみがあって面白かったです。
ミレディを主人公にして、映画や劇を作れそうですが、
そういうのないんでかねぇ。
オペラとか作っても面白そうですが。

原作だと、最後に結構みんな死んじゃうんですが
人形劇はどうするんでしょう。
さすがにバッキンガム公は生かしとくわけにはいかないのかな。
歴史上実在の人物で、実際にあの戦争で死んでるわけだし。
マージョ様と化したミレディには是非幸せになって欲しいですね(笑)。
[PR]
# by maruta_book | 2010-05-03 09:51 | 小説

テルマエ・ロマエ I

うーん、面白いことは面白いですが、
マンガ大賞受賞するほど面白いとは思わないんですが。
設定頼みの話だし、それも第1巻にしてネタ切れ気味だし。
設定だってよくあるタイムスリップ物だし。
もう少しちゃんとストーリーのある話を作ってみるといいのかも知れないけど。
[PR]
# by maruta_book | 2010-04-25 18:20 | マンガ

のだめカンタービレ 24巻 限定版

こっちは、限定版を欲しかったからじゃなくて、
通常版はまだ売ってないけど、限定版は売ってたから、
という非常につまらない理由で限定版を買いました。
#チーの方はわざわざ限定版を探して買ったんですが。
でも、チーの限定版より中身が充実してました。
通常版でも別にかまわなかったのは確かですが。
[PR]
# by maruta_book | 2010-04-25 18:16 | マンガ

チーズスイートホーム 7巻 限定版

DVD付き限定版を買いました。
アニメのチーは最初のうちは良かったけど、
だんだんバケツでごはんと同じ状態になり
2ndシーズンはどうにも放送作家のアニメ脳が頂けなかったんですが、
(特にペット禁マンションを出て行くくだりのアニメ版はサイテーでした)
7巻のオマケDVDはアニメ脳作家の脚本・コンテ・監督のようでした。

コッチが出てくるからってつい買ってしまったんだけど
通常版で十分でしたね。
[PR]
# by maruta_book | 2010-04-24 19:08 | マンガ

王家の紋章 文庫版 18巻

文庫の出るペースが遅いので、筋を忘れてしまうんですが
ほぼ水戸黄門状態なので、
筋忘れてもノープロブレムです(笑)。
[PR]
# by maruta_book | 2010-04-18 17:48 | マンガ

三銃士(上)

岩波文庫版

NHKの人形劇が面白いので、原作を読んでみました。
感想は、下巻も読み終わった時点で。
(もしかしたら本店の方でじっくりと)
[PR]
# by maruta_book | 2010-04-17 23:14 | 小説

お金持ちの習慣が身につく「超」心理術

著者は金持ちじゃないそうですが、
まあ、そうだろう、と思わせる内容です。
安めの自己啓発本で、ご多分に漏れず
承れるとこだけ承っておきますってとこですかね。

くだらないと分かってて、こういう本を買っちゃう自分って
結局、何かにすがりたいのか、なんてことまで考えてしまいます。
まあ、むかつく上司とアホな部下でやりきれないと思ったときに
会社のトイレでこういう本を読み、深呼吸して我を取り戻すために使ったりします。
[PR]
# by maruta_book | 2010-04-05 21:17 | 自己啓発

純潔のマリア 第1巻

石川雅之。

もやしもん絵本のついでに買ってみました。
セリフが思ったより多くなくて、読みやすかったです。
というか、思ってたより面白かったです。
続けて買ってもいいかも。
[PR]
# by maruta_book | 2010-04-04 17:51 | マンガ