拉致と決断

蓮池薫

初めを読んでから、途中だいぶ間を開けて
続きを読んだので、
最初の方を忘れてしまってたんですが、
これは続けて一気に読まないとダメですね。

というか、最後を読んで、あれ?戻ってきたときの下りは?
って思ったら冒頭に書いてあったという。

でも、面白かったです。

北朝鮮で生き抜くには
このくらい状況判断が出来る人じゃないとだめなんだなぁと。
いろいろ考えさせられました。

こんな状況にあれば
ウソツキにならざるを得ないと思うけど
まあ、韓国人はもうウソつく必要ないよね。
なんで嘘ばっかりつきますかねぇ。
[PR]
by maruta_book | 2013-07-15 17:02 | その他
<< 統ばる島 王家の紋章 21巻 >>