悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎

主人公の名前がタイトルに入ってるから
シリーズものが始まるのかと思って買ってみたら
1回完結だったという。

しかも終わり方が後味悪いわ。
こんなんだと知ってたら買わなかったのに。

この手の時代小説で爽快さを捨てたら存在価値ないでしょうに
何を考えたんだか。

[PR]
by maruta_book | 2018-04-29 14:16 | 小説
<< ベルサイユのばら 14巻 鬼灯の冷徹 26巻 >>