だれとも打ち解けられない人

加藤諦三

何かができなくて悩んでいる人に
「それができないからお前はダメなんだ。やれよ」
って言ってる本です。

しょもな。
[PR]
# by maruta_book | 2010-08-10 20:10 | その他の本

八百万

みもり/畠中恵

子供向けの雑誌で中坊の恋愛モノ書いてそうな絵で
江戸時代の妖怪モノを書かれてもねぇ・・・。
[PR]
# by maruta_book | 2010-08-09 20:11 | マンガ

関根くんの恋 1巻

河内遙

続きが読みたいような、どうでもいいような。
どうでもいいか。
イケメンと手芸って発想は面白いんだけど、
何でもできるのにやりたいことがないって、
今時のコドモの妄想すぎて、ちょっと鼻白んでしまうというか。
やりたいことがない子は多いと思うけど、何でもできるなんて妄想だよねぇ。
居たらうちの会社に来て欲しいです。
やりたいことがないなんて考える暇もないくらいこき使ってあげましょう(笑)。
[PR]
# by maruta_book | 2010-08-08 22:18 | マンガ

午後のお茶は妖精の国で 3巻

遠藤淑子

最近ブラック度が増してます?
[PR]
# by maruta_book | 2010-08-08 22:07 | マンガ

自分の品格

渡部昇一

ネトウヨレベル。

思わず、こういう人に自己啓発本を書かそうとした編集者は何を考えたのか
想像を巡らしてしまいました(笑)。

1. 同レベルのネトウヨだった
2. 知らずに頼んで、原稿ができてから失敗したと思った
3. 書かせざるを得ないしがらみがあった

さあ、どれでしょう!

自己啓発本、最近はずればっかり。
もうやめてまっとうな成功者のエッセーにした方がいいのかなぁ。
[PR]
# by maruta_book | 2010-08-03 21:18 | 自己啓発

日本語の正体

金容雲

またくだらない本を読んでしまいました(涙)。
いや、そもそもそんな気はしてたんだし、
買う方が悪い。

目次を読む限りではもっとマシかと思ったんですが。

しかし、こんな本出版する方もどうかしてるんじゃ。

古代史関係は本当に外れが多いです。
[PR]
# by maruta_book | 2010-08-01 17:37 | その他の本

妖怪人間ベム

つい懐かしくて買ってしまいました。
予想より面白かったです。
[PR]
# by maruta_book | 2010-08-01 17:34 | マンガ

デトロイト・メタル・シティ 10巻

3巻くらいまで読んで、話の変化の無さにバカバカしくなって止めてたんですが、
完結編と言うことで、結末が気になって買ってみました。
どうにもなってませんでした(笑)。
こんな設定オンリーのマンガが、よく10巻も続いたもんです。
というか、よく映画になったりしたよ。
[PR]
# by maruta_book | 2010-07-31 20:45 | マンガ

大阪ハムレット 4巻

少しキレが悪くなってますかね?
[PR]
# by maruta_book | 2010-07-31 20:40 | マンガ

ゆんでめて

畠中恵

パラレルワールドオチだったんですが、
それでは済ませられそうもない新登場人物は
この後どうするつもりでしょうね。
[PR]
# by maruta_book | 2010-07-31 20:39 | 小説

ピアノの森 18巻

今度はシマノフスキが半分だ・・・。
[PR]
# by maruta_book | 2010-07-23 23:28 | マンガ

テレプシコーラ 第2部 4巻

続きが気になりますね。
[PR]
# by maruta_book | 2010-07-23 23:25 | マンガ

ん 日本語最後の謎に挑む

Fラン大って感じ?
[PR]
# by maruta_book | 2010-07-19 21:48 | その他の本

人生を愉しむ知的時間術

外山滋比古

外出先で移動中に読む物が何もなくなって、
売店でよく確かめずに自己啓発本かと思って買ったものですが、
読んでみればエッセーでした。

でも面白かったです。
安めの自己啓発本よりよっぽど得るところがありました。

本文中で、パーティーに出る価値について
「おもしろいことを言う人がいないとダメである。そのおもしろさが問題で、笑ったあとなにものこらないようなおもしろさだけでなく、心をかきたてるような力をもったことばがききたい。そういう生きたことばがひとつきけたら会に出た価値がある。」
本との出会いも、まさしくこの通りと思わせる一文でした。
[PR]
# by maruta_book | 2010-07-19 15:22 | その他の本

もやしもん 9巻 限定版

冒頭の食料自給率のしょもない話をどこまで続けるのかと思ったら、
書いてる本人も自覚があったらしいところが面白かったです。
菌出現率も高くて、なかなかグー(死語)でした。

DVDは、まあ、こんなもんかな。

これ見てドラマがもう始まってることに気づきました。
第1話見落としたよ。ちっ。長谷川の足に白癬菌が居るところ見たかったのに。
しかし、ドラマ、ノイタミナ枠なのに、また初めからやるんですね。
アニメの続きで良いのに。
菌劇場の続きはあるんでしょうか。
[PR]
# by maruta_book | 2010-07-11 19:33 | マンガ

40歳から伸びる人、40歳で止まる人

川北義則

完全にタイトル買いだったんですが、
自己啓発本なんて、承れるところだけ承る、が基本とはいうものの、
当たり前のこと以外、承れる部分がここまで全く無い本は初めてです。

作者は東スポの元記者だそうですが、さすが東スポですね。
東スポもこの本も買って読む価値はありません。
[PR]
# by maruta_book | 2010-07-09 22:35 | 自己啓発

文字の歴史

スティーヴン・ロジャー・フィッシャー

読むのにスゲー時間がかかりました。
図があるべき所に無かったり、不適切な図だったりして
すごい読みにくくて。

内容は面白かったけど、
著者はちょっと権力主義なのかなぁ。
中国文字がシュメール文字からの借用だとか、
アメリカの文字が中国文字からの借用だとか言われると
ちょっともう、根拠を示せ!って言いたくなりますね。

文字の発明がたった1回しかない、なんて想像力無さ過ぎ。

まるたの勝手な考えでは、文字は
氷河期の終了→農耕の開始→定住・村・国家の発達
の過程で素直に出てきて良い物だと思うし
だったらパラレルに発明されても全く不思議ではないです。
著者は古代人侮りすぎだって。
脳みその中身は現代人と大差なかったんだから。
[PR]
# by maruta_book | 2010-07-04 18:03 | その他の本

黄金のラフ 29巻

なかいま強

普通に面白いです。
擬音の使い方が好きだったりします。
[PR]
# by maruta_book | 2010-07-04 17:55 | マンガ

バンビ~ノ! SECOND 4巻

嘘くさい評論家のブログ一つでそんなに売り上げは変わらないんじゃないかな。
食中毒で新聞の一面にでも載れば別だけど。
もうちょっと現実味のあるキッカケにして欲しかったですね。
[PR]
# by maruta_book | 2010-07-01 19:54 | マンガ

もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ

高橋由太

なんか、しゃばけの仁吉を独立させて主人公にしようって
思って書いたんじゃないか、みたいな小説ですね。
作者は仁吉ファンの女性ですかね?

ストーリーも中核なしに漫然と進んで、最後にネタばらしだけある感じ。
読みやすかったので、ご縁があれば、次回作を読むこともあるかもと思ったけど、
1作目からネタ切れ後の「シャム猫ココ」シリーズみたいな状態じゃ
ちょっと、うーん、かも。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-27 20:10 | 小説

拝み屋横町顛末記 13巻

宮本福助

一緒に「なごみさん」も出たんだけど、
こちらは今ひとつ筋が無いのでパスしました。
拝み屋の方は最近ちょっと落ち着きすぎかなぁ。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-27 18:33 | マンガ

下流の宴

林真理子

毎日新聞で連載中に最後の方だけ読み、
珠緒のサクセスストーリーが面白かったので本を買って読んでみたんですが、
面白いのは終わりの方だけでした。

他の所は、登場人物のあまりのヘタレぶりにちょっとうんざり。
書き方もステレオタイプ過ぎる気がするし。
もう少し、人の心は揺れるものだと思いますけどね。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-26 19:13 | 小説

チャンチャンバラエティ

いしいひさいち

毛利元就のは難しすぎ。
B型平次と忍者無芸帖がサイコー!!
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-23 20:48 | マンガ

玄奘三蔵、シルクロードを行く

前田耕作

ガンダーラまでで終わっちゃってて、知らない人が読んだら
玄奘はガンダーラまでしか行かなかったような誤解を与えますね。

それはさておき、
本物の三蔵法師は、皇帝の命を受けてどころか
違法出国してまで真理追究の旅に出たのだそうです。

つねづね、マズローの欲求の5段階説は
下の方が満足されなければ、上の欲求は絶対出てこないのかどうだか
気になってたんですが、
凡人はその通りだけれども、まれにそうでない人がいて、
聖人とか偉人とかにはそういう人が多いというのがよく分かりました。
これが修行して得た特質なら結構ですが、
玄奘の本を読んだ限りでは、生まれつきとしか思えず
人間なんて不平等だとあらためて思ったわけです。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-19 18:47 | その他の本

ののちゃん 全集 7巻

こんな重たいのじゃなくて早く文庫にして欲しいです。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-19 18:34 | マンガ

スキップ・ビート! 25巻

だからキョーコ持てすぎだって。
イケメンが大量に出て来て、
よってたかって根性曲がりの主人公を好きになるマンガなんて
誰が面白いって思うよ。
不破やレイノのファンがいても、彼らがキョーコに惚れちゃったりすれば
彼女たちは怒り狂うと思うんですけど。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-18 23:49 | マンガ

水木しげる伝 上・中・下巻

普段行かない本屋に行ったらあったので、
買って読んでみました。

南方戦線の話は、ビッグコミックに載っていたのより遙かに悲惨でした。
一方、水木しげるがかなりの変わり者というのもよく分かりました。
ある種の天才だと思いますが、明らかに凡人とは住んでいる、というよりは
見ている世界が違うようです。
妖怪とか何とか置いておいても。
奥さんは大変ですね。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-17 20:12 | マンガ

ちはやふる 9巻

この手の話は後輩が入ってくるとつまらなくなるのがお約束なんですが、
後輩、良いキャラですね。
展開が楽しみです。

しかし、ちはや達が1年の時の方が、
ずっと面倒な一年生だったんじゃ(笑)。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-12 21:01 | マンガ

えほん もやしもん あいさつ

美里と川浜のカップル。イヤ過ぎー!!!(爆)
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-11 21:45 | その他の本

ジャングル黒べえ

これって、アニメ用の企画だったんですね。
藤子・F・不二雄のアイデアじゃないんだそうです。
純粋な藤子・F・不二雄マンガにはどうにもなじめないのに
なぜか、子供の頃、アニメ好きだった理由が分かりました。

ちなみに究極の藤子・F・不二雄マンガはドラえもんだと思いますが、
ああいう、なんでもしてくれるのは良くないですね。
のび太は絶対まともな大人になれない、と思ってます。
そりゃまあ、子供の夢なんだけど。
ツボつきすぎというか、
何でも夢を叶えてくれる、を、そのまま売り出しちゃうのは
ルール違反だろうって気がします。

超人的な能力を使う登場人物は、オバQや黒べえくらいの
役立たずがちょうどいいです。
[PR]
# by maruta_book | 2010-06-04 21:41 | マンガ